標高1100メートルの雲の上で驚きと感動を体験! 雲海!星空!絶景!

宮城蔵王の
樹氷と御釜MIYAGI ZAO'S
“SNOW MONSTERS” AND OKAMA

みやぎ蔵王の樹氷を観に行こう!

蔵王は宮城県と山形県の両県南部に位置する連峰の総称です。両県どちら側でも樹氷を観ることができますが、山形県側は「女性的で丸みを帯びた樹氷」、宮城県側は「荒々しく男性的な樹氷」がご覧いただけます。ワイルドモンスター号で、小さなお子様から年配の方まで安全に標高1,600m付近の樹氷原までご案内いたします。散策時間には雪上車を降りて樹氷を間近でご鑑賞頂けます!悪天候時はマイナス10℃にもなる大自然の地吹雪を体験できるので、お土産話にもってこいです!その日の天気や時間帯、樹氷の成長過程によって全く違う表情を魅せる神秘的な世界に出かけてみませんか?

樹氷はどうしてできるの?

この4つの条件がそろうと、
世界的に希少な自然の造形美
「樹氷」が生まれるのです

鑑賞時の服装について

樹氷原では雪上車を降りて、10分ほど鑑賞のお時間を予定しています。その際、-10℃にもなり得るところですので。右記のような防寒小物をご準備ください。 ツアー時間中は防寒長靴のレンタルをオススメしております。 (無料。当日専用カウンターでお申し付けください。)


雪化粧のみやぎ蔵王・御釜を観に行こう!

蔵王エコーラインの通行止めを待たずに、この時期限定でしか観ることができない雪化粧の御釜と、刈田岳山頂の刈田嶺神社、奥宮と樹氷になった鳥居を先取りして観賞いただけるツアーです。標高1,100mを出発し、1,700m付近までワイルドモンスター号でらくらくアクセス!
日焼け止めとカメラとわくわくをカバンに入れて、雪化粧の御釜を観に是非おいでください♪

御釜って?

蔵王連峰の刈田岳・熊野岳・五色岳の3峰に抱かれた円型の火口湖で、釜状なので御釜という名前がついています。湖面はエメラルドグリーンの水をたたえていますが、太陽光線の当たり方でさまざまに色を変えるため「五色沼」とも呼ばれています。最大深度27.6m、周囲1,080m、東西径325mで、湖水は強炭酸のため生物は生息できません。

鑑賞時の服装について

脱ぎ着できる防寒着(上下)+動きやすいズボンを基本として下さい。
他、防寒小物(ニット帽また日よけ帽、手袋、サングラス)を必ずお持ち下さい。
ツアー時間中は防寒長靴のレンタルをオススメしております。
(無料。当日専用カウンターでお申し付けください。)


雪上車ワイルドモンスター号

WILDMONSTER号とは?

ワイルドモンスター号は厳冬期でも快適な暖房完備の特注キャビン搭載の乗用雪上車です。どんな豪雪でもキャタピラでグングン山を登ります。雪上車は2つのタイプがあり、横向きのベンチシートのスタンダードクラスか、前向きの独立シートのデラックスクラスをお選びいただけます。車両は全部で6台あり、約100名のお客様が一度にご参加いただけます。

スタンダードクラス

30名乗り/20名乗り/8名乗り レストハウスにて受付 ※ご乗車いただく車輌は当方にて配車となります