みやぎ蔵王の樹氷めぐり | すみかわスノーパーク【公式ホームページ】

english.pngenglish.pngkantai.pngkantai.pnghantai.pnghantai.pnghangle.pnghangle.pngthai.gifthai.gif

title_black.png


time_black.png

menu_1.pngmenu_1.pngmenu_2.pngmenu_2.pngmenu_3.pngmenu_3.pngmenu_4.pngmenu_4.pngmenu_5.pngmenu_5.pngmenu_6.pngmenu_6.pngmenu_7.pngmenu_7.png

menu_8.pngmenu_8.pngmenu_9.pngmenu_9.pngmenu_10.pngmenu_10.pngmenu_11.pngmenu_11.pngmenu_12.pngmenu_12.pngmenu_13.pngmenu_13.pngmenu_14.pngmenu_14.png

樹氷めぐり.png

蔵王の樹氷とは...

juhyo.gifキャビン搭載の暖房付乗用雪上車「ワイルドモンスター号」で、世界的にも希少な自然現象の芸術品「樹氷」を専属ガイドの軽快なトークと共にご覧頂くツアーです。
「樹氷」とは不思議なもので国内では蔵王のほか、青森の八甲田、秋田の八幡平など限られた地域でしか見ることが出来ません。この「樹氷」の育成には樹木の存在、冬型の気象条件、降雪量、多量の過冷却水滴の有無といった条件が必須であり、宮城蔵王はこの厳しい条件に適合しているばかりでなく樹木が群生しており、広大な樹氷原で大パノラマにて樹氷をご覧いただけます。悪天候時には、標高1600㍍地点、樹氷の育成に必須な氷点下10℃のすさまじい猛吹雪をご体験ください。世界的に希少な樹氷が群生する樹氷原の見事な自然美を、小さなお子様からご年配の方まで気軽にお楽しみいただけます。

今日の樹氷原


ツアー行程

ゲレンデハウス前⇒暖房付雪上車に乗って樹氷原へ片道45分(専属ガイドがご案内)⇒樹氷原到着(散策10分)⇒復路(45分)⇒ゲレンデハウス前

運行期間


12月12日(土)から3月13日


料  金


おとな 4,800円 / こども 3,900

※こども:小学生以下 
※座席を必要としない2歳以下の幼児は無料(保護者の方の膝の上にご乗車頂きます)


樹氷鑑賞時の服装について


雪上車内は暖房完備ですので通常の冬着で十分です。ただ、樹氷原では雪上車を降りて、10分ほど鑑賞のお時間を予定しています。その際、ー10℃にもなり得るところですので、防寒着をご準備ください。

樹氷鑑賞時の服装※防寒長靴をツアー期間中200円にて貸出致します。お気軽にスタッフまでお申し付けください。

運行時間



平日11:00出発13:00戻り 15:30出発17:30戻り


土日祝日11:00出発13:00戻り 13:30出発 15:30戻り 15:30出発 17:30戻り
(※臨時便あり)

予  約

12月5日(土)より開始

★乗車希望日の1ヶ月前からの電話予約が可能
★遠刈田温泉の提携宿泊施設をご利用の方は宿泊申込時の予約が可能です。

ご予約専用ダイヤル
0224-85-3055(受付時間 9:00〜16:00)

受  付


レストハウス内 受付カウンター

ワイルドモンスター グレードアップ車輌登場

juhyo51.png

遠刈田温泉⇔すみかわ無料送迎バス時刻表 運行期間 12/5(土)〜4/10(日

遠刈田_時刻表_2.png

仙台⇔すみかわ有料送迎バス時刻表 運行期間 12/12(土)〜3/13(日


樹氷号時刻.png


注意事項 ※以下の事項に同意いただける方のみご参加ください。

1.ご乗車頂く車輌は当方にて配車となります。
2.車輌故障や天候不良により運行ルートの変更又は運休になる事もございますが、雪上車ご乗車後の料金の払戻しや賠償補償等は一切お受付けいたしかねますので予めご了承願います。
3.お申込後、お客様のご都合で予約を取り消しされる場合は、ツアー料金に対して、おひとり様につき上記のキャンセル料金をいただきます。尚、キャンセルの際は必ず予約専用ダイヤルの受付時間内にお電話にてご連絡ください。

キャンセル料juhyohouse_10.gif

雪上車空き情報

雪上車空き情報
遠刈田温泉発着無料送迎バス情報

◎・・・十分に余裕あり、○・・・余裕あり、△・・・残りわずか(10席以下)、3などの数字・・・空席数、✕・・・満席、☆・・・要問合せ


【ご注意下さい】
このページは更新作業時点での空き情報です。
未反映の先約があった場合はお受け出来ない場合がございますので予めご了承下さい。

juhyo_13.gif

樹氷とは不思議なもので、蔵王の他は青森の八甲田山・秋田の八幡平など限られた地域にしか出来ません。
世界にも類を見ない樹氷の育成には、いくつかの条件を満たさなければなりません。

樹氷が出来る過程

樹氷が出来る過程冷たく乾いたシベリア(北西)からの季節風は、日本海を吹き渡るときに対馬海流(暖流)から多くの水蒸気を取り込み冷たく湿った風となる。
この風が朝日連峰にぶつかり上昇気流になる際に、断熱膨張によって温度が下がり、水蒸気中の海塩を凝結核として多量の雪を生成し雪雲を作り大雪を降らせる。大雪を降らせた後の雪雲は凝結核が使い果たされ、残された水蒸気は、氷点下でも凍らない過冷却水滴となるが、非常に不安定な状態のため、アオモリトドマツ等にぶつかった衝撃で氷りつく(着氷)。 過冷却水滴がのりの役割をして、その隙間に多くの雪片が取り込まれ(着雪)、さらに硬く締まる(焼結) という現象が繰り返され風上に向かって大きな樹氷へと成長していく。樹氷の形成の過程で尾びれ状の氷着群となるが、その形状から『エビのしっぽ』と呼ばれている。

juhyo_14.gif

樹氷形成への条件
衝突・凍結・付着するための樹木がある
蔵王ではアオモリトドマツに氷と雪が付いて、大きな樹氷となる。
アオモリトドマツは亜高山地帯に生える常緑の針葉樹。
櫛状のアオモリトドマツの葉は、樹氷の形を形成するのに最適!


樹氷形成への条件
気象条件
冬型(西高東低)の気圧配置で冷たく乾いたシベリア(北西)からの季節風が吹く、
適度な強風10m~15m/sec適度な低温-10℃~-15℃のところ。


樹氷形成への条件
降雪量
雪の少ない山では樹氷は出来ないが、多すぎても樹氷の核となる
アオモリトドマツが自生できない。


樹氷形成への条件
多量の過冷却水滴の存在
過冷却水滴が少ないと、樹氷の形成が出来ない。


樹氷

樹氷


juhyo_23.gif


juhyo_24.gif

地球温暖化は、地球全体の平均気温や海の水温が気候や経度に関係なく上昇する現象です。
1980年代末から現在に掛けての20年以上にわたって、私たちを悩ませ続ける環境問題の中心であるといえます。